低速ランナー's ブログ

ゆるく日常の出来事とか、感想?みたいなものをエッセイ風に書き込んでいます。

2022年05月

【12】心機一転


気が付けば昨年の11月以来の投稿になります。

(※エッセイ以外の投稿は断続的にありましたが、本流は久しぶりになります)


昨年、エッセイみたいなことを始めてからネタ帳を作っていて、そこから少しずつ文章を作っていたのですけど、今回はそのネタ帳から離れています。


こんな話きっと面白いだろうなあ、見たいにそのネタ思いついた時は思うのですが、あとでネタ帳を見ると…なんかしっくりきません。

そんなこともあって、文章作ることがプレッシャーとなったり、単に愚痴をこぼしているだけみたいな、奇妙な文章になったりで、すっかり精神的にも疲れていたのが、昨年の一時おやすみにした時期。


半年くらいたって、少し余裕も出てきたのでまた再開します。

こんな文章ですけど、日々のこととか、昔の話なども「今思えば」みたいな視点も入れて記事アップしていこうと思っています。


ということで、よろしくお願いします。


令和4年5月21日


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村


https://www.go-nagano.net/topics_detail2/id=20084

長野県共通シーズン券、大人券、子供券は来週から申し込み開始です。

NHK CD ラジオ ラジオ英会話 2022年6月号
NHK CD ラジオ ラジオ英会話 2022年6月号

CD付きだと聞き逃しがありませんね。









先日FacebookかTwitter見てて、気になった記事。

0506カルビー4

社長の人となり、というか心意気みたいなもんですよね。
あ、でもこれって元記事は2015年なので、もしかしたら7年のうちに心変わりしてるかも?

新卒で入った会社は、モノづくりの会社。
給料安いし休みも少ない、でもやりたかった仕事なので我慢…
それって「やりがい搾取」だったんですよね。

同じ業種で同じくらいの規模の会社は生き残っています(私のところは21世紀の前に廃業)

その会社は、造っているものの品質はアレだったんだけど、休みが多いし(当時珍しく完全週休2日制でした)給料も一部上場並みにの大卒初任給でしたよ。

そして次に入った会社は…
製造業なんですけど、ミョーな派閥とか先輩意識(マウントともいう)があって、なんか入り込みにくい。
休みも少なくて、給料も上がらない。
怪我して入院した時、
「傷病手当でやってほしい」
みたいなことを受け入れたら、ボーナスの時”欠勤扱い”にされて、大幅にカットされた…
20日欠勤したから日割りで20日分減額って、まあ好き放題でしたね。
そんな経営者だから、安く買収されて経営陣から追放されてる。

その次の会社、休みは大企業並みにあり、基本的に法令順守してるので、サ残など無し。
前の2社はあった。特に2番目はひどかった、鬱病になった社員も多数いた。

で、何が違うんだろうって考えたら、3社目には組合がないんですよね。

その1社目の同業他社にも組合がなかった。
組合って団交したりで交渉次第で給料アップ?なんてことはほとんどないですよね。
むしろ、組合が無くても給料は上がるし休みもちゃんとあるんですよね。

その、カルビーの会長のような考え方が大事ですよね。







にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村


NHK CD ラジオ ラジオ英会話 2022年5月号
NHK CD ラジオ ラジオ英会話 2022年5月号



なんというか…そういう搾取企業に勤めていると、組合の役員とかも”会社側”みたいになってるんですよねえ。なんかこれって上海電気の件が話題の元市長に似てるかなあ(笑)

既にご存知の方も多いと思いますが…




長野県内共通シーズン券の案内が出ていました。
来シーズンはスノーラブネットの会員登録やyukiyamaアプリのインストールも不要です。

yukiyamaアプリみたいな信頼性ゼロのアプリを入れなくてもOKとなったのはよかったです。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村


NHK CD ラジオ ラジオ英会話 2022年5月号
NHK CD ラジオ ラジオ英会話 2022年5月号



アプリはサーバーと繋がらなくって、よく落ちるんですよね。

(脱法すれすれで)無料で仕入れたものをヤフオクで売るって…


0502カタログ

そこまでする?
私には理解できない心理です(というか盗品の転売にならないかな?)



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村


NHK CD ラジオ ラジオ英会話 2022年5月号
NHK CD ラジオ ラジオ英会話 2022年5月号



↑このページのトップヘ