低速ランナー's ブログ

ゆるく日常の出来事とか、感想?みたいなものをエッセイ風に書き込んでいます。

2021年10月

【5】蚊取り線香をやめてみた

暑くなると、毎年恒例のあれが…
蚊が出ます。毎年刺されてそこらじゅうが痒くなる、ということで、蚊取り線香などを使って対策していました。

昨年の夏、やっぱり夜に蚊取り線香して寝て起きると、のどが痛い。そして、ハンガーにかけておいた服もすっかりスモークされて微妙な香りが…
ということで、これもやめてみました。


たしかそれが8月の中旬くらい、蚊取り線香は燃えるゴミで処分。何もせずに寝て起きるとやっぱり蚊に刺されています。
毎日のように数か所刺され、夜起きてかゆみ止めを塗ったこともありましたよ。

でも9月になって涼しくなれば、蚊もあまり出なくなります。
そこまでの検証結果、やっぱり蚊取り線香も蚊取りマットも要らないかな、と。
殺虫成分が部屋に充満しているので、人体にも影響はありますよね。健康になったかは別にして、朝のジョギングの時のウエアが煙臭かったり、息苦しかったりはなくなりました。

そして今年はバージョンアップしてみました。網戸にスプレーする虫よけを購入。使ってみましたよ。が…雨で流れるので効果は微妙なのと吹き付けるときの吸い込みが結構ありまして、においもイマイチ。
虫が嫌うにおい、人間にも少々不快な感じ?やっぱり虫よけ成分が心なしか人間にも影響もありそうな感じがしました。

これを書いていて、ふと最近のワクチンの話も同じなのかなあと…
蚊をとったり防いだりする薬剤の人体への影響と、実際刺された時の症状の重さとの比較でどうするかなんでしょうね。

蚊取り線香でも絶対に刺されないわけじゃないですし、無くて刺されてもすぐに命にかかわるようなことはごく稀にしかありませんからね。

 

あ、でもですね…天然の植物とかで蚊よけになりそうなものも、来年は試してみたいと思っています。


令和3年10月31日


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

skier 2022 GEAR CHOICE & WINTER【別冊付録:skier親子版2022】 (別冊山と溪谷) [ 山と溪谷社 ]
skier 2022 GEAR CHOICE & WINTER【別冊付録:skier親子版2022】 (別冊山と溪谷) [ 山と溪谷社 ]


【4】頑張って達成することはよいと思う
またまた会社の話で恐縮します。

会社で仕事していれば、やはりその人の働き具合によって役職が付いて給料が上がっていきます。
当然いろんな努力があって、結果を認められることで、段階的に地位が与えられるのですよね。選ぶ人の”情”みたいなこともゼロじゃないから、みんななっとくとはいかないのは当たり前ですが…

今まで、ちょっとあれ?と思った話を少し。
だいぶ前、たぶん20年近く前だと思うのですが。とある人事でAさんが課長から部長に、Bさんが主任から係長になったような人事がありました。
その時に、人事担当者が
「Aさんを部長に、Bさんを係長にすることで組織が強化され…」
とか仰ったんですよ。役職が付いたからその人の能力がいきなり倍増されるわけじゃないと思うのですが…
あ、結局そういう人事を毎年していたので、気が付いたら部長の人数が主任より多かったみたいな話になってしまいました。

もう一つ人事絡みの話。
とある部門の年間目標に「○○さんを課長にする」みたいな項目が入っていて、いたたまれなく(笑)なりました。
結果に対して評価されることで、役職になるのではないのかなあ。
まあ、その目標も”草案”の段階での項目なので、実際にその目標を掲げて頑張ったかどうかは不明です。

仕事の話、オマケ。
人事も目標に取り込む、という理由は…会社の5年計画でした。
5年で売り上げ2倍にする、そのためには各部門考えろ、みたいなことになりました。
実は5年間で売り上げ2倍にするには1年あたり約14.5%アップすれば達成可能です。
が…それって、どこから?人も増やさず、設備投資もせず、新規事業もせずにって無理ですよ。
そういう場合には、せめて「利益率を上げよう」とした方が良かったねえ。

令和3年10月30日




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

skier 2022 GEAR CHOICE & WINTER【別冊付録:skier親子版2022】 (別冊山と溪谷) [ 山と溪谷社 ]
skier 2022 GEAR CHOICE & WINTER【別冊付録:skier親子版2022】 (別冊山と溪谷) [ 山と溪谷社 ]

【3】ゴルフでの思いやりの一言


当時、学生時代の知り合いが「ゴルフやりたい」と言い始めて、11月の安くなってきた時期に合わせてゴルフっていうことがありました。
おそらく2006年ごろ?過去メール色々見たけどよくわからなかった…

たぶんその友人がコース2回目くらいかな、軽井沢にあるゴルフ場に行ったことがあります。

ちょっと打ち上げのミドルホール。300Yちょっとですが、実質は350Yくらいの計算かな、という感じでしたが…

初心者のM君はドライバーをチョロっとしてしまい、ほんの5Yくらいしか飛びません。
全員がティーショットを打ち終わった後、ボールのところに行ってじっと待っています。
「早く打ってよ」と私が催促、すると…
「グリーンが空いてないから」みたいに言ったので
「絶対届かないから打ってもいいよ」と返したのですが、そしたら…
「打ち込んだら責任取ってもらうから」(ん???)と言われた。

う~ん、そこでついつい…
「タイガーウッズだって絶対届かないよ!」
とまあ、イラっとして余計な一言で返してしまいました。

彼にしてみたら、何も知らないのだから、やんわりと教えてやるべきだったと反省。
(それは最近になって思ったことですが)

なんだ、あいつは!
みたいに思っていたのは人生の経験不足だったのかなと。

ラフから300Y以上残っているセカンドを3番アイアンでツーオンはかなりの難易度。
でも無理だと言っちゃうのじゃなくて
「今回は刻んでパー狙おうよ」
みたいないい方で良かったかもね…今だったら言えたかもしれませんね。

令和3年10月24日




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村


【25日24時間限定!エントリーでP最大26.5倍】【中古】Win98-XP CDソフト 本格的シリーズ ゴルフ 軽井沢名門コース 総集編
【25日24時間限定!エントリーでP最大26.5倍】【中古】Win98-XP CDソフト 本格的シリーズ ゴルフ 軽井沢名門コース 総集編

【2】ブログを始めたころ

記録によると、私がブログを始めたのが2005年ごろらしい。

2005年に最初の記事。内容は「初」としか入っていませんでした。
16年前にどういう心境でこの記事を書いたかはもう忘れてしまいましたが、その後やっぱりネタに困っていたらしく、3年ほど放置されたようです。

最初はじめたのはなんとなく、yahooあたりからβ版が出ていて無料だから登録してね、みたいなメールが来ていて、登録したけど何を書いていいかもわからないまま放置されたと思われます。

ところでどうして再開したのだろう?
自分の中でもすごい疑問です。おそらく想像ですが…
「芸能人とかでブログの広告で結構な収入があるらしい」
みたいな情報があって、それを目指したかもしれません。

まあ10年以上記事を書いているので、それなりに印象に残る件はありました。
御嶽山の噴火の際は、ちょっとした表現上のことでプチ炎上したことありました。
また、スキーの繋がりのある人たちって、実はブログ見ていてという方も結構いらっしゃいます。いろんな意味で、人をつなぐコミュニケーションになっているかもしれませんね。

ブログを作る前の話ですが、「自分のホームページを作ろう」みたいなプロジェクトが…
実はこの時の構想メモって、一部残っているのですけど相当恥ずかしいものでした。
好きな歌手とかアニメとかスキーの話で作ろう、みたいな構想でした。
いま冷静になって考えたら、大して知識のないことを時間かけて作っても恥ずかしい記事しか出てこないし、誰も見ませんよねえ。

時代の変化で、インスタグラムやFacebook、ツイッターなど、手軽に発信できるようになりました。
その自前ホームページの作成、と思った当時のパソコンと最近のスマホって性能的にスマートフォンの方が上のような気がします。

令和3年10月17日


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

サロモン(SALOMON) スキー 板 セット ビンディング付属 20-21 S/RACE PRO SL 165 L41132800165 (メンズ)
サロモン(SALOMON) スキー 板 セット ビンディング付属 20-21 S/RACE PRO SL 165 L41132800165 (メンズ)

【1】信じてもらえない

転職活動って難しい…

昨年の5月に訳あって会社を辞めて、それから1年ほど人生のリフレッシュ期間、今年の5月くらいから仕事を探していました。

まあ、年齢的にもそんなに仕事選べないのですが、ハローワークってところに行けばそれなりに募集している企業があります。条件的に、給料とかは生活費の最低限になる分をもらえれば満足。ただ、絶対に譲れないのは…勤務時間(休日)でした。

そうすると、年間休日が120日以上の企業に応募。何とか面接までこぎつけます。

でまあ、何ができますか、みたいな質問が一通り終わると必ずきかれるのが
「〇年も勤めてそれなりの地位になったのに何で辞めたのですが」
となりますよね。
そこで、「ブラック企業で」「サービス残業がまん延」「残業が120時間超え」という会社でずっと勤める自信がなかったから、と答えると…
相手側は”嘘を言っている“と思うみたい。

あ…嘘は言っていませんよ。誇張もしていませんよ。
他にも、100時間超えた残業しているのにいきなり80時間までしか出さない、とか上層部が決めて残業不払いを画策したような嘘みたいなホントの話もあったけど、それも言っていませんよ(笑)

年間125日も休日あって、残業も月に20時間以下、徹夜なんてするわけがない
そんな会社から見たら、“労働基準法違反”を平気でする会社はあるはずがないのでしょう。

それって、会社として業務停止とかになるような重大な違反ですからね。

それはさておき…
とりあえずは今の仕事を頑張っていきましょう。

令和3年10月11日

追記:ちなみに厚生労働省のホームページでは

https://www.mhlw.go.jp/hatarakikata/overtime.html



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ