15】夢

 

うたたねに恋しき人を見てしより夢てふ物はたのみそめてき 小野小町

 

高校の古文の授業で古今和歌集にあるこの短歌を耳にしました。

 

ちょっとした夢の話。

真夏なのに朝起きたら庭が真っ白になるほどの雪。

ありえないなあ、ということでやっぱり夢の中のお話でした。と夢から覚めて、

「スマホで写真撮っておけばよかった」

とか、後悔したところで目覚めました。

夢の中での写真はどうなるのだろうとか、変なこと考えたのですが…逆にそんな写真がスマホにあったら恐ろしい。

 

そして、次の話。

何故か会社の2名と母と私でゴルフ。

それも東京に行った時に時間が余っていたので、都内のコースでやっているような設定。

みんなが打ちっ放し並みにじゃんじゃん打つから、私のボールはロストで見つからない。結局私だけ置いていかれて…ホールアウトできなかった。

こんなことあるはずがない、と思ったところで目覚めました。

                              

そのまた次の話

ホームゲレンデの一つのしらかば2in1スキー場に行って、新しいリフトに乗っている。

リフトの下は横手山の山道みたいに車が普通に走っている!しかも冬なのに、今度は雪が全くないです。

で、何となくスキー履いて乗っていたような気もするし、もしかしたら夏リフトみたいになっていた(スキー履いていない)かもしれない。

なんかもやっとしたところで、目覚めました。

 

という3つの夢を昨晩は続けてみました…

 

そして、朝になって小野小町さんの短歌を思い出して、懐かしくなりました。

さて、これが予知夢なのか願望なのか潜在意識なのか…

 

令和4731




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村



夢と言えば短歌もそうですが…こちらもふと思い出しました。