低速ランナー's ブログ

ゆるく日常の出来事とか、感想?みたいなものをエッセイ風に書き込んでいます。

15】夢

 

うたたねに恋しき人を見てしより夢てふ物はたのみそめてき 小野小町

 

高校の古文の授業で古今和歌集にあるこの短歌を耳にしました。

 

ちょっとした夢の話。

真夏なのに朝起きたら庭が真っ白になるほどの雪。

ありえないなあ、ということでやっぱり夢の中のお話でした。と夢から覚めて、

「スマホで写真撮っておけばよかった」

とか、後悔したところで目覚めました。

夢の中での写真はどうなるのだろうとか、変なこと考えたのですが…逆にそんな写真がスマホにあったら恐ろしい。

 

そして、次の話。

何故か会社の2名と母と私でゴルフ。

それも東京に行った時に時間が余っていたので、都内のコースでやっているような設定。

みんなが打ちっ放し並みにじゃんじゃん打つから、私のボールはロストで見つからない。結局私だけ置いていかれて…ホールアウトできなかった。

こんなことあるはずがない、と思ったところで目覚めました。

                              

そのまた次の話

ホームゲレンデの一つのしらかば2in1スキー場に行って、新しいリフトに乗っている。

リフトの下は横手山の山道みたいに車が普通に走っている!しかも冬なのに、今度は雪が全くないです。

で、何となくスキー履いて乗っていたような気もするし、もしかしたら夏リフトみたいになっていた(スキー履いていない)かもしれない。

なんかもやっとしたところで、目覚めました。

 

という3つの夢を昨晩は続けてみました…

 

そして、朝になって小野小町さんの短歌を思い出して、懐かしくなりました。

さて、これが予知夢なのか願望なのか潜在意識なのか…

 

令和4731




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村



夢と言えば短歌もそうですが…こちらもふと思い出しました。


【14】それは無理


「そんな風呂に入っているときに電話するから、出られないよ~」

とまあ、ある会合でのお話。


もう5年くらい前、ある会合の幹事をしていましてメンバーの参加可否について電話で確認をしていたことがありました。

名簿の上から順番に電話をかけて、出ない人にはショートメールを送ったり、留守番電話にメッセージ残したり…

1回ですべての連絡が取れるわけはなく、結構何回も掛けたかな~


夕方7時くらい、Aさんの携帯に電話…出ません。

留守電も設定されていなかったようなので、しばらくしたら折り返しで電話が来ました。

何とか連絡ついて(1か月先なので予定決まったら早めに連絡します、とのこと)


で、一か月後の会合の時に…

みんなの前で冒頭の発言があったのですよ。

エスパーじゃないからわかりませんよね(笑)


ちなみに、その折り返し電話の時の

「行けたら行く」

みたいな発言されていたのもすごく嫌でした。嫌いな言葉の一つです。


令和4年7月10日





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村





最大10%OFFクーポン【楽天お買い物マラソン限定】 ティゴラ 陸上 ランニング ウエストバッグ TR ウエストベルトM BK : ブラック TIGORA 父の日ギフト 2206_cp_run
最大10%OFFクーポン【楽天お買い物マラソン限定】 ティゴラ 陸上 ランニング ウエストバッグ TR ウエストベルトM BK : ブラック TIGORA 父の日ギフト 2206_cp_run

ランニングにちょうどいい感じです。

13】賞与の時期になりました

 

6月になると、公務員や大企業から賞与の支給されたような話が出てきます。

私の会社は果たして支給されるのか、はたまた減額か?不安ばかりの今日この頃です。

 

さて、ちょっと前の会社での賞与がらみのことなど書いてみたいと思います。

その年は、冬の時期に怪我をして1か月入院。職務復帰してその休日をどうしましょう、という話し合いをしました。その時会社の給与計算している人が「社会保険から出るから欠勤扱いにして」みたいな話。

こちらも後ろめたさもあるし、会社にしてみたら経費節減にもなるから迷惑かからないと思ったのですけどね。

 

そして忘れたころに悲劇です。7月になって賞与明細を見てびっくり。1か月、約22日休んだので、査定で減額されていて(これは仕方ない)、さらに日給計算×欠勤数の減額に!

40万だったら、そこから22万(日給1万として)減額されている…

私はてっきり査定範囲(例えば50%)があって、その中で欠勤日数の比率分だけ減額されると思っていましたよ。

抗議したけど無駄でしたね。まあ、そういう風に社員から搾取を企てるような会社ですから、発展はしないですよね。

 

その会社でもう一つ、

会社のフロアに加工液が飛散して黒く汚れてしまいました。対策をしなさい、と社長から指示が下ったのですけど、幹部社員はどうしたかというと…

”床に飛んでも黒くならない透明液に変更“

したんですよね。

その加工液が飛ばないように対策するのが先だと思うのですけどね。

 

其の後、経営者が変わっても進化することなく…

設備投資も事業拡大の見通しのない”5年で売り上げ2倍計画”が発動されたので、もうダメ…会社から離れる決心を固めましたよ。

売り上げが増えるには、外的要因(顧客の状況など)が大きく関わる話です。

そこ、分かっていてそんな無謀な計画にしたのか、知らなかったのか…

どっちにしても経営者の能力として疑問ですねえ。

 

令和4626




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村






↑このページのトップヘ